スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセッション

正直、小泉内閣の増税路線は間違いだった。 あきらかに景気は後退している。 所得税と住民税の増税はするべきではなかった。 本来なら、米国の景気減速を内需で補うべきなのだが、内需は以前低空飛行のままだ。 結局、輸出頼みの景気拡大路線なのである。

まだ新興国の需要が旺盛なので、表向きリセッションはしていないが、国内の実情は明らかに不況だ。中小企業を中心として、雇用をかなり絞っている現状は、恐慌を思わせる。
正直、日本国の財政赤字は穴埋めできないことは分かっているので、いまさら財政再建などは手遅れなのである。どうせ手遅れなのだから、ここは景気対策をしっかりすべきなのである。
ただし、行政の無駄をしっかりと除き、国家をスリム化することをするのが条件である。

もし、法律の前面見直し、法律と行政の簡素化、行政組織を新に一から構築しなおすなら、国と地方の借金を、日銀に肩代わりしてもらうこともいいだろう。
今のままでは、たとえ借金を肩代わりしてもらっても、まだ国家を破綻に導くだけなのである。

とかにく、今の政治には多くを期待できないので、実質リセッション入りしている内需をなんとかするくらいはしてもらいたい。
スポンサーサイト

theme : 投資・資産運用とくとく情報
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。