スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の株式動向

ここ数日の東証一部の値動きは、裁定取引中心の商いによるものだ。
欧州を中心とする年金勢力は、すでにリスク回避の動き気に出ているので、買ってきているとは考え難い。
その証拠にいままで、日本の株式市場を支えていた、海外の年金資金が入ってこないので、売買代金が膨らんでいない。個人とディーラー中心の商いになっている。
ちなみに、今の買いの主体は、アジアと中東マネーだ。正確な情報が入ってこないので、なんともいえないが欧米は売り越しのように見える。
腰の据わった資金が入ってこないかぎり、今週も上に下に振らされることになるだろう。売買代金には注目である。これが、三兆円を超えてこないようだと、しばらく相場は安定しそうにない。
スポンサーサイト

theme : 株式 学び
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。