スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国中古住宅価格と日本の不動産

米国の中古住宅の下落は、これからも続くと予想される。 まだ潜在的なサブプライムの破綻者が数多く残っているからだ。 さらに、カード社会の米国では、クレジット市場にもこの影響が及ぶと予測される。 事態は大変深刻なのである。

今は利下げと減税の二本柱で、急激な景気の落ち込みは無いが、この景気対策の効果がいつまで持つかは疑問である。というのも、利下げによる副作用と思われる投機マネーの膨張があるからだ。不況といっても、物価の下落が見られない以上、景気は全体的によくならないと思われる。

一方、日本だが、決して楽観できる状況ではない。都市部を中心に上がってきた不動産価格が、いよいよ都市部を中心に大きく下落しそうな勢いである。所得の伸びが伴わぬ不動産市場の伸びは、欧米ほどではないにしろ異常だったのである。また、企業の倒産件数も増えていることから、オフィスビルへの影響もかなりでそうだ。

とはいえ、まだその影響は潜在的なリスクにしかなっていない。投資家は今このリスクを回避するために、様々な市場で暴れまわっているようである。
しかし、結局のところ無駄に終わりそうな雰囲気だ。あがけばあがくほど、事態は深刻になっていっているからである。
スポンサーサイト

theme : 投資・資産運用とくとく情報
genre : 株式・投資・マネー

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公共賃貸住宅・入居希望者募集中!!!。信頼性NO.1の住まいです。

■膨大な情報をもとに早期入居のアドバイス20年の実績を持つ当センターのシステムを利用して、公共住宅に入居できた方は、今までに膨大な数に上ります。当センターのサービスでは、公共住宅早期入居に便利な先着順メール配信や抽選申込代行サービスなどを長期間に渡って受...

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。